スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月15日に思う

一か月以上ブログ更新なし、というので、トップページにCM画面が。
やれやれ、ホントにご無沙汰いたしました。

さて。
本日は、言わずと知れた確定申告最終日。
申告が必要な皆々様、ちゃんと間に合うように手続きできましたか?

さては、山姥さん、ギリギリまで先延ばしにしてたから、ブログどころじゃなかったのね、
と勘ぐる方もおありでしょうが、いえいえ、今年はさっさとすませておりましたです。
2月末から3月にかけて、かぐやと遊ぶ予定があったもので
そりゃ、早々と申告は済ませるわ、落ち武者の機嫌はとるわ、万事怠りなく!

ところで。
2月半ば過ぎに。
今年の確定申告書を仕上げて、最後の納税額まで計算し終わったとき。
人知れず、ため息が。

そう、今年初めて、所得税ゼロという仕儀と相成りましてございます。
日本中をゆるがせた新しい獣医学部新設の工事現場を最後に
すっかりリタイアした落ち武者の収入が・・・少ない・・・
獣医学部の報酬から差っ引かれてた源泉徴収の分、まるっと1円残らず還ってきます。
というか、早々にお知らせが来て、一昨日記帳してきました。還ってます。確かに。

思えば、サラリーマンは向かない、と一匹オオカミに変身した夫に
あれ?あたし、頼りになる穏やかな羊さんと結婚したんじゃなかったっけ?と
いぶかしく思いつつも付き従い、ボーナスなんて言葉も忘れ果てるやりくりの年月・・・

苦手なのよね、計算とか書類とかwwww
とわめきつつも、仕方なく引き受けた確定申告の手続き。
最初の頃は何日もかかってうろたえ疲れ果てつつも、おおむね計算し
長い待ち時間を経て、税務署の若いお兄さんに頭を下げて教えを乞い
それでも間違えて何度も書き直し、足りない書類を整えに走り回り
お正月過ぎからどんよりする、という確定申告鬱に毎年陥ってたっけね。

世智に長けたヒトたちは、ほとんど所得税とか収めてないらしい、ときき
でも、誤魔化しようのない収入とわずかばかりの必要経費を並べてため息。

姑息な手段で少々誤魔化した年も、正直あったんですよ。(もう時効ねっ)
でも、ず~~~~っとお尻が落ち着かないこと甚だしく、
精神衛生上、よくない!
こんなこと毎年続けたら、寿命が縮まる!
山姥には無理、無理、脱税は向いてないわ!
きっぱりと誤魔化さず、払うものは払って貧乏暮らしをしたほうがまし。
結局、夫婦で出した結論は、
「税金を納めることができることは、幸せなんだ」ということでした。
車で毎日走る道路だって、タダでは管理できない。
娘の小学校だって、税金の真っ当な使い道だよね。

覚悟を決めてまっとうに申告を続けるうち、慣れとは恐ろしいもので
あれほど苦手だったのに、数年前からは全てを自分で計算し
所得税もそれに付随する復興税ももれなく記入して、
添付書類もぬからず揃えて直接税務署に届けるだけ、という
しかも思い立ったら1日で終わってしまうという腕前に。

(それしきで、とお笑い召されるな、ホントに苦手な分野なんだよねぇ)

郵送でもいいけど、夫婦そろって届けた後は、
自画自賛しつつ、ご褒美に外食するのがお約束となって数年。

そんな確定申告の、所得税額が、とうとうゼロに・・・・・。
もう、来年からは申告はしないでいいのね。
微々たる年金のみになるもの。
大きな宿題のような確定申告の鬱陶しさ、もう卒業だ、やったー!
(でも、なんか半人前の気分。お役御免の役立たずの老害・・・)
嬉しいような、虚しいような、複雑な春です。

若い人たちは、納税も大変だろうけど、
なに、税金を払ってるうちが花と思って、頑張ってくださいね。

そんな申告最終日、当地ではソメイヨシノの開花が発表されました。
日本一早い桜の開花!
何年振りかしら?
わけもなく落ち武者の機嫌がいいので、大助かりの山姥でございます。
(ったく、単純なんだから。ふふっ)

  ではでは。    かしこ





スポンサーサイト

Twitterのご案内


こちらは無理だけど、Twitterでは写真を投稿できるので
このところ、散歩の途中のものなど、画像をたびたびアップしています。
落ち武者の使用頻度が上がったこと、設置場所が寒いことなどから
パソコンでのブログ記事更新が当分少なくなる予感・・・
スマホでこの前ブログ記事書いたんですけど、投稿直前に消えた・・・
もう、しばらくは心が折れて、再挑戦する気力が戻ってこない・・・
ので。

よろしければ、Twitterにお足を運んでくださいませ。
こちらと似たような、まぁ毒にも薬にもならぬつぶやきばかりですが
お暇つぶしにはなるかもしれません。

なお、別ブログのハンドルネームで出ています。

こう打ち込むと出てきます。
Twitterしてない方も大丈夫だと思うんですけど・・・?

Twitter うさぎママ 1051Mama

ハンドルネーム、可愛いっしょ? \(//∇//)\
こちらで「山姥」と名乗っているのは、バランスとるためかも。
リアル世界では、まぁ両方足して二で割ってそれをちょいと薄めたキャラかしら・・・


ではでは。   かしこ


今年になって心がけていること



なんといっても、健康。
心も体も、健康で。
若いころは夜更かしもしたし、食べるものもさして気にかけず
それなのに贅肉とは無縁でぴんぴんしてた。
でも、さすがに還暦過ぎてからは、少々気をつけねば、と思い始め
去年の年末あたりからは、ホントに真剣に取り組まねば、と心を決める。

ま、相方の落ち武者が禁煙まで宣言したのが
お互いの老いへの恐れを、くっきりと形にしてくれたってことかしら。

今年に入って、せっせと歩いてます。
落ち武者は、寒いだの眠いだの忙しいだの(何が?)というので
きっぱりと誘うのはやめて、独りで歩きます。
3日に2回は片道20~30分のあちらやこちらのスーパーに
(事故が怖いから)目立つ真っ赤なリュックを背負って買い物に行きます。
だいたい週二回の買い物で間に合うから、図書館だけ、って日も。
いくつか別ルートをたどって変化をつけたりもしています。

これね。
癖になるのね。
あ、牛乳足りないわ、と思うと、牛乳一本買うために平気で歩ける。
むしろ、歩く理由を探して歩きたい。
歩くために歩くだけ、ってのは、エコな山姥には何だか納得いかないから。

凍り付いた田んぼの畔に、頑張って新緑を見せるシロツメクサ。
早々と暗い赤を広げる元気なホトケノザ。
シナモンのような芳香を放つ枇杷の地味な花。
さすがに風は冷たいけど、歩くほどに体は温まり
気持ちがよくて、やめられない。
大きなゴイサギ(?)がびっくりするほど近くから飛び立ったり
用水路で鮮やかなブルーの羽根のカワセミを見かけたり
小さいけれど、いろんなご褒美をもらうのが、嬉しい。
当分は、続けていけそうです。

さて、心のほうもね。
錆びつかないように頑張らないと、と
いろいろ新しいことに挑戦しています。
例えば、初めての消しゴムハンコ造りなど。
行きつけの(笑)図書館で、小学生から、という初心者教室に誘われ
わらわらとママ友などと行ってみたら。
まぁ、下手なりに楽しい。 なんたって、初めてのことって、新鮮。
費用は108円しか掛からないし、ありがたい暇つぶしでした。

ただ。
ショックだったのは。
図書館の視聴覚室での教室で、少し照明が暗いせいか
トレーシングペーパーで三角屋根など消しゴムに移して、さてと。
あれ? 細かい線彫りが、なんかはっきり見えない!!!
とうとうきた? ( ノД`)

若いころから近視だったので、おかげで老眼にはなってなかったけど
いやはや、もう限界かもね。

と、ちょっぴり寂しい気持ちになったけど
そろそろ老眼鏡の準備するのも、当然だわ。
本日で、めでたく(か、めでたくもなく、か)
山姥、67才になりました。

折しも観測史上最低の気温となった冷え込み。
出不精の落ち武者がうかうかと優雅なお食事などに出かけるはずもないので
今夜は自分の食べたいものを用意して、わがままなディナーとしました。
あんまり記念日とか騒ぐ家風じゃないので、普通に暮れていく誕生日。
まぁ、それも佳きかな。

なに、10日後には落ち武者の誕生日が来るので
その時は「お祝い、お祝い」と持ち上げて
ちょいと遠出をさせてみようか、と画策中です。

ではでは。    かしこ





けいかほーこく 節約編

庭に出たら観察できるなんて、なんて節約にぴったりなイベント!
と、心待ちにしてた皆既月食は・・・
あえなく雲が出て、挫折。
おかげで、やけ食いしてしまって、反エコな夜となった我が家です。
次は、夏。
案外早くリベンジできそうで、楽しみです。


さて。
「このままじゃ、老後破産やろ!」と頓珍漢に焦る夫に
はいはい、おおせのとおりに、と新年から節約生活をはじめた妻。
とみせて、ほとんど変わらない毎日。
だってさぁ、けずるとこ、もうないもん。
強いて言えば、夫の小遣いか、妻の交際費。
どっちも手つかずでそっとしとこ。
家庭平和のためにね。

煙草をやめ、缶チューハイも週に2,3本に減らし
パチンコもいかず。
でもね、暇なので奴がPCに張り付く時間が長くなり
邪魔するのもなぁ、と遠慮してたら、
一月はブログ更新が一度きりになるという、これも一種の節約?

じつは、奴の昼寝の時間などをうまく使えば
充分に更新は出来たと思うんだけど
ちょっと時間をおいたら
「どうしよっかな? わざわざ記事にするほどのことじゃないねぇ」
と、ブログネタが色あせたものにみえて、ついついそのままに。

ま、その程度のものを、よく今まで書き散らしてたわね、という心境。
ブログを続ける必要、あるのかなぁ。
時間をおいて考えたら、いらないものだと気付くって
これ、衝動買いを防ぐ方法だったわ。(〃▽〃)
ブログに使う時間の節約としても、有効だったんだ。
それで、ますます間遠になってたんですけど。

数日前の事。
ちょっとだけ、以前の記事をチェックする必要があって
古いのを見直してみました。
と。
すっかり忘れてる! 自分の書いたこと。
で、意外と笑える。(*≧∪≦)
他の人がうんざりしたとしても、これはこれでいいんじゃないか。
指の震えでキーを打てなくなった老後に
(いやすでに老後真っ只中、というなかれ。さらなる老後に)
暇つぶしに読み直すのも、いいんじゃないか。

いい加減独断と偏見の塊のブログ記事ばかりですが
ちょっと頑張って、自分のために、もう少し続けてみることにしました。
その日に感じたことを、ちょいと書き留める。
下らなくても、小さなことでも、未来の山姥が笑ってくれるかも。


で、
今日のニュースで思ったことをひとつ。
ほら、例の「ハレノヒ」振袖詐欺騒動。何度も何度も報道されてるのね。
悔しさに涙する母あり、あきらめ顔のお嬢さんあり。
酷いのは業者ですし、被害にあったご家族には
心からお気の毒に思い、同情しております。が。
それとは別口に、なんだかなぁ。
「おかげで、うちの娘は成人式に出られなかった!」ってのは
どうもなぁ。

手持ちのお洋服で出席するわけには、いかなかったのか?

人生って山あり谷ありっていい経験を、成人の日に出来たってことで
甘やかした娘に、ちっとは身の引き締まる大人の風味が加わるかもね。
打たれ強くなってくれたら、人間万事塞翁が馬、だよね。

費用は自治体あたりが負担して、もう一度晴れ着で出席できる成人式を、
なんて話があるらしいけど・・・
それって、必要かなぁ???

日々節約の山姥には、血税の使い道としては
超モッタイナイ としか思えませんけど?


 ではでは。    かしこ



けいかほーこく


というフレーズは、大好きな「アルジャーノンに花束を」の書き出し。
この本、何回読んでもそのたび号泣しちゃうのよね。

それはともかく。
経過報告。

落ち武者が、根拠なき老後破産への恐れから生活を変える決心をして
一か月が経過。
はい、奴の禁煙は続いてます。
いわれるままに、買い物も控えて節約も続いてます。
イラッとしたものの、結婚生活も続いてます。

かぐやを手始めに、妹やママ友や若いころからの親友などに
奴の仕打ちを声を大にして訴えたのが、かなりのガス抜きになった模様。
ま、こんなもんか、と一か月すぎて笑えるようになりました。

それにしても、しょぼいお正月でしたわ。
母をなくしたので、正月飾りもせず、普通に過ごしたけど
よく考えたら、毎年元旦に里帰りしたりで、バタバタするのが当たり前。
去年は入院中だったけど、それでも大晦日も元旦も通って
それなりに、親孝行のまねごとをして忙しかったお正月。
今年は、まったくのフリーで、2人きりのお正月。
こんなこと、結婚して初めてだったわぁ。
新婚時代は近くに住む義実家のスケジュールで動いたし
子育て中は世間並みに子供向きのお正月で忙しく
そのあとは、老親を考えに入れてのお正月シフト。

完全に自由なお正月って、なんて気楽なの!

自堕落で気ままな三が日が過ぎ、、松の内、女正月が過ぎ・・・
と過ごすうち、ブログ更新もせず一月が終わってしまいました。

今回は、経過報告というより、生存報告みたいなもの。(ノ_<)
月が替われば、最近のわが陋屋の暮らしぶりや
最近始めた健康的な生活習慣など、またお話いたしますね。

月といえば、今夜は皆既月食!
夏は雨が多くて、七夕様の頃の空はたいていガッカリなのだけど
幸いにも冬場は晴れ間が多く、今夜もピッカピカのお月さまが出てます。
寒がりの落ち武者にたんと着ぶくれさせて、
次はないかもしれないから (。>ω<。)ノ
茜色に変わるという珍らかな天体ショーを
2人で仲良く楽しむことにしますね。 
あ、そろそろかしら・・・ 



ではでは。   かしこ



落ち武者の危惧



この40年、たまさかの大きな無茶ぶり、しょっちゅうのわがままを
好きで一緒になったんだもの・・・という呪文を唱えつつ
楽しめるときは楽しみ、耐えるべきは耐え、忘れるべきは忘れて
落ち武者に寄り添ってきた(つもりの)山姥。

あ、もちろん、奴だって何かと我慢してくれただろうし
一方的に責めるのもなんですが。
といいつつ、ここでは一方的に責めちゃうわ!
だって、山姥の隠れ家だもんね!

まぁ聞いてくださいな。
例によって、長くなりますが、お付き合いください。

男って(ま、女にもいるけど)外面がいいのよね。
そのしわ寄せが家庭に…ってケースも多々見てきたけど
今回は、娘面がよくて、そのしわ寄せが山姥に来たのよ!

来年**国へ夫婦で行く予定のかぐや帰省の夜に
「30代? まだまだひよっこや! 
稼ぎがなくても、親に頼ってきたらええわ!
ちんまり収まるのもええが、やりたいことを思いっきりやって
なに、それが失敗でもええわ。応援するで!任せとけ!
人間、無駄飯を食わないかん時期ちゅうもんがあるんや!」

と、なんだかどんとこい的な演説しててさぁ。
ずいぶん頼りになる父親風ふかして、かぐやに
「ありがとう、オトーサン! 一年も早く返せるようふたりで頑張るから!」
とお礼を言われてガハハハと喜んでおりました。

任せとけ!って勝手に安請け合いされてもなぁ、とハラハラ。
年金で日々の暮らしをまかない、老後資金を切り崩さぬようにと
日々エコな暮らしを心がけてるのに、
(今回の援助は娘名義の預金の範囲内なので、大丈夫だと踏んだもの。)
落ち武者の口約束通りに「任せとけ!」とは行きませんよ~~だっ!

ある程度のお金がないと、入国後も怪しまれる(不法移民など)
とのことで、まとまった金額をそろそろ送金しておこうかと
心づもりしていたところだったので、
(預金通帳の残高証明書などを年明けにも提出予定とか)
かぐやの去った次の日、おおよその金額を落ち武者に告げ
「これでいいよね、もし足りないで後で送金するのめちゃ面倒臭そうだし。」
「うん、そうやな。」
あれ、昨日のかぐやへの返事と比べて勢いないな、とは思いつつ
一応承諾は得たので、勇んで金融機関巡り。
今年中に済ませてスッキリした、って気分で鼻歌交じりで帰宅すると・・・

部屋の空気が、澱んでる~
なんだこいつ、うなだれてる~
敷きっぱなしで好きな時好きなだけ昼寝する布団の上で~


いきなり、こう切り出された。
「こんなにまとまった金をポイ、と使うような生活は、おかしい。」

はぁ?
おかしいて?
大体山姥は一円も使ってないですし?
そもそもの秋からの**国行きの話から、反対の「は」の字も出てないよね?
昨夜の娘への太っ腹なエールと大演説は、何やったん?
ほんの一時間前、送金金額を「これでいいよね」と再確認したやん?

おかしいて、そらアンタのほうやん?
鬱陶しいなぁ・・・(ノ_<)

でね。
まるで山姥が贅沢し放題の浪費妻みたいな扱いでさぁ。
お説教が続く、続く。
このままだと、老後破産まっしぐらだから、来年から引き締めろ、だと。
一言返しました。

どこを? (*゚Q゚*)

はっきり言って、うちの家計、超ミニマムですよ?
友達にも、同情して気を使われそうなんで、言えんわ。
妹にだけ言ったら、ものすご~~~く驚かれた。
今年亡くなった母は、本人は無自覚の浪費家だったので
「嘘いいなや!それっぽっちで絶対やってけるはず、ない!」
どうしても信じてもらえなかったよん!

奴も返してきた。

冷蔵庫を空にするまで、買い物するな。

いや確かに冷蔵庫冷凍庫いっぱいですが
メイン料理用の肉魚などは少ないよ。
たまにしか淹れない上等のお茶だとか、酸化防止に放り込んだ干しシイタケや
開封後冷蔵と書かれた調味料各種も、冷蔵庫に居座ってるし
手作りの梨やヤマモモのジャム、塩ワカメ、味噌汁用の刻んだ油揚げ、
半額なのでまとめ買いした納豆数パック(そのまま冷凍できますよん!)
リクエストに応えてまとめて作ったミートソースも冷凍庫で場所とってる。

この意見は、前夜探してたアイスクリームから思いついたんだろ。
お好み焼き用の焼きそばが、アイスカップを隠してたのよ。
自分で見つけられなかった恨みが、ここで出たのね。


いいよ、野菜やお豆腐や牛乳以外はしばらく買わない。
ただし、へんてこな組み合わせのメニューになっても
絶対食べてよね!




老後破産への恐怖と
ハチャメチャな食事の続く恐怖と
自分にとって、どちらが大きいのか、
新年からとくと確かめたらよろしいやん。

と、内心うそぶきつつも、
肝小さいなぁ、まぁ仕方ないか、男だもんね・・・
けっこうな大金をポイッと娘夫婦に送ってしまう妻に
ふと底知れぬ危惧を抱いて、震えあがったのね・・・
と、忖度していたわる気持ちもないでもない年末のひとときでございました。


おもわぬ拾い物は・・・まさかの禁煙宣言 (*≧∪≦) 
タバコ値上げらしいしね。ずいぶん節約になるよね。
ついでに缶チューハイも、週一でいい、って。
それはとてもいいこと。
大賛成だわ。(健康にも家計にもねっ♪)

ま、来年も(波風立てて澱まぬようにしてあげるから)よろしくね、
という気持ちで、寄り添っていきたいと思います。
そう、選んだのは私。
自己責任です。
あちらも・・・そう思ってくれてたらいいけどね。


どちらさまも、いいお年を。
来年も、お暇な折のお立ち寄り、お待ちしております。

                      山姥拝






スゥちゃんの世界が広がった♪


と、いえるのかどうか?
山姥的には、そう思うんだけど・・・。

冬至の日、一晩だけ里帰りしたかぐやのおかげで
(正確には、むこ君の電話の遠隔操作で動くかぐやのおかげで)
話には聞いてたけど、まったく訳わからなかったWi-fiとやらを
この陋屋に設定できたので、まぁ一つ階段を上がった気分。

地元の友人との集まりで、かぐや里帰りは前から決まっていたのですが、
その数日前から、スゥちゃんについて
「auからのお知らせ・残データ容量のご連絡」とやらが入り始め
連絡のたびに、刻々と減っていくのが空恐ろしい・・・
最後には
通信速度低下まで残り約0.03Gbyte
と言ってきたもんね。
ツイッターの画面の画像も、このころから空白になり、
ポチッとしてもなかなか変らない・・・
やばいことになってる・・・
で、むこ君に相談したら、とにかく今は
「画像を送るのを最低限にして、かぐやちゃんが帰るのを待ってて」と注意されました。
ヒェ~、画像・・・ともだちにも、かぐやにも、むこ君にも、ツイッターにも
てんこもり何枚も何枚も、好きなだけ送ってたわwww
それに、暇なときはすぐインターネットで思いついたこと調べたり
(たとえば来年二人が行く国の気候とか観光地とかね)
テレビ見ながらでも、手元にあるのに簡単なゲームしたりだったから。


で。
ちっちゃな魔法の黒い箱(ルーターっての?)を持参したかぐやが
せっせと配線をつないで、ルーターのIDをスゥちゃんに教え込んで
家の中では安心して使い放題という、ありがたい環境になりました!

どうもね。
よくわからなかったんだけどね。
いわば、今までの契約枠は、貯水槽の水
決まった量以上は使えない。使うと減るし、無くなるし。
Wi-fiは、川の水みたいなもんで、いくらでも使える。無限に使える。
山姥の頭では、そういうものらしい、とざっくりとわかっただけで充分。

そのあと、
嬉しかったのは、かぐやにこう言われたこと。

「あたしたち、無理やりスマホに変えさせた後、心配してたんだ。
やっぱり全然使ってな~い、なんて言われたら、高いもの買わせたのに
なんか責任感じるよねぇ~って。
よかった!
容量がなくなりかけるぐらい、どんどん使ってくれてて、安心したぁ~
二人で、めちゃくちゃ嬉しかったんだよ!」


うふふ、それを聞いて、二人よりずっと嬉しいのは、この山姥だよ!
頑張ってるね、とほめられるのは、何歳になっても嬉しいことです。

スゥちゃん、これからもよろしくね。
(家の中限定で)(←容量増やす気はなし。もったいないもの)
脳細胞の老化防止に、これからもどんどん使うから、お覚悟召されよ!

めでたし、めでたし。♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪


で、今年を締めたいところが、そういうわけにはいかなかった・・・。
最後の最後に、落ち武者への怨念の記事になるかも・・・。
もうっ、ほんとにっ、なんでだよっ!!!

仔細は次回にて。


  ではでは。   かしこ



スゥちゃんの(せいではない)失敗



旧友と集まるのに、定番の集合方法は
東に住む友人が、一時間走って、山姥の町までくる。
ここで山姥の車に乗り込んで、西に20分走って
次なる友人宅で合流。
たまに、もう一人の友人が西の果てから二時間走ってくることもあり。

今回は、西の果てさんは欠席でした。

さて、問題は。
東ちゃんは、遅刻魔です。
彼女が集合時間に決めるのに、99,9%遅刻です。
まぁ姑と現役で働いてる夫がいるので、いちばん忙しいのもわかるし
18歳からの付き合いなので、想定内の遅刻です。
ただねぇ。
山姥はいつも、文庫本片手にのんびり待つタイプなんだけど
あと一人が、こちらでいう「イラレ」なんで、ピリピリ待つタイプ。
だもんで、東ちゃんと合流する予定時刻に、山姥から連絡を入れます。
東ちゃんが遅れていることを。

予定時刻が2~30分遅れるのも、いつものことなんだけど
イラレちゃんは、10分毎に「まだ?」と聞いてくる。
家で待ってるから、まったりお茶でも飲んでてくれたらいいのに。

で。
今回の集まりも、もちろんこのコース・状況でスタート。
東ちゃんは、時間には来ない。
わかっているので、まずイラレちゃんにラインで連絡。
そう、スゥちゃんを手に入れてからはメールを見限ってる。
だって、早いし画面見やすいしね。
それに、ラインの練習にもなるもんね。
「まだ来ていないので、合流したらラインします」

で、今回はスゥちゃんを相手に暇つぶし。
前にむこ殿がいってた「消音」の仮想ボタンをつけたくて
「暇ができたら消音のつけ方教えてね」とラインすると
休憩時間だったのか、即返ってきたので
ちゃっちゃと操作して、つけました。
ベルの形の仮想ボタンを押すと、消音になる。
この前映画に行ったとき、スゥちゃんの左横のちっこい金属のぽっちを
クィッと移動させて消音したけど、ここも何だか不具合が発生しそうな頼りなさ。
それで、消音の仮想ボタンをつけたいな、と思ってたのね。
待ち時間を有効に使えて、うれしい気持ちでのんびりと東ちゃんを待つ。

彼女は、40分遅れで息せき切って(というか、車だけどそんな気配で)
ごめんよと言う暇も惜しみ、山姥の車に乗り込んできて
慌てて出発!
いや、その前に、イラレちゃんにラインしとこ。
きっと待ちくたびれてイライラしてるから。
「今からでます。」と、急いで短い文で切り上げて、出発!

あと5分で着くあたりで、電話が鳴る。
東ちゃんが出ると、「今、どこよ?」
「もうすぐ着くよ、**医院の前」
「もうっ、なんで出るとき連絡くれないのよ!」と怒ってる。
信号にかかったのでスゥちゃんを開くと、ちゃんとラインしてる。
それに続けて、
「らいんしたよ」と、ここは慌ててひらがなで返して、走る。

これね。
山姥のミスでした。(T_T)
むこ殿に仮想ボタンのこと聞いたままの画面。
そう、長々と丁寧に説明してくれたむこ殿への返信が
「今からでます」
「らいんしたよ」

という、訳わからんものになっており
これにはむこ殿も返事しようがなかったのか
いやもう休憩時間も終わってそのままにしたのか?

あとから丁寧にお詫びのラインを送りましたが
イラレちゃんには、しばらくつけつけとお説教されましたです。
遅れる東ちゃんも東ちゃんなら、
まともに連絡してくれない山姥ちゃんも山姥ちゃんだ!と。

しかも。
その夜、ゆっくりとスゥちゃんを点検していると
さらなる山姥のミスを、発見!
仮想ボタンを作った時の指の動きが怪しかったのか
独立していたはずのメッセージ(ガラケーのCメール)のボタンが
「便利ツール」というとこに、いつの間にか移動してた!
ちっちゃくなって、目立たないのね。まったく気づかなかった。
そしてそこには・・・・
「今から家を出ます。つくのが40分遅れます。
ごめんね。イラレちゃんにも誤っておいてね」
と、
慌てたのか謝ってを誤ってと変換ミスした東ちゃんのメール!
もうっ、なんでめったに使わないCメール使ったのよ!
あ、はい、わかってます、悪いのは東ちゃんじゃない、山姥で~す。

ガラケーの時は、メールの送り先を間違うなんてまず無かった。
ラインは手軽にやりとりできる分、相手を確かめるのが超大切な手順。
と、心にメモメモ。

まだまだ周りに迷惑かけるの、続きそうです。
とほほの1日でございました。(ノ_<)

  ではでは。   かしこ





この方、怖いほど良妻です。

地元で女傑っていえば、竜馬の姉・乙女さん。
今更説明せずとも、皆様とっくにご存じの有名女性。

あと、これは遠州掛川からの移住者(?)だけど
一豊の妻・お千代さんも全国に知られた方。
夫の出世の糸口となった名馬を、鏡の裏に隠し持っていた持参金であがない
こちらじゃ「へそくり名人」の代名詞となっております。

番外としては、20も年上のお坊さんと恋愛し
かんざしをプレゼントしてもらった娘っ子・17歳のお馬も知られてる。
実際にかんざしを買ったのは、ライバルのお坊さん(こちらは若い)だったけど
スキャンダルになって、恋人同士は離れ離れに他国に追放されたらしい。
やるわね、お馬ちゃん!


でもでも。
山姥がダントツ凄いな~と思うのは
土佐勤皇党を結成した武市半平太の妻、富さんです。

三十半ばで未亡人となるも、長生きされてお写真も残ってますが
白髪のおばあちゃんとしては、なかなかの美人さん。

興味のある方は、「武市半平太 妻」で検索してみてね。
(URL貼ったけど、ページが表示されません。)

昨日、18歳からの友人たちと、武市半平太旧宅・記念館・墓所を訪ねました。
龍馬伝の影響で、半平太ファンになりました、と訪問ノートに記してる方もあり
関東あたりのお客様も多くて、うれしい限り。
のんびり無人の記念館には、協力金100円のお願いの張り紙と料金箱が・・・。
武市家の紋をデザインしたコースターも、自分で料金箱にお金を入れる方式で
ゆかしさを感じたことでした。
海外旅行者は少ないだろうけど・・・田舎ならでは、ってことなのかな?
シビアな友人いわく
「こんなに暇なんだから、人件費かけるよりマシなんじゃないの」
う、う~ん、そういうことなのかな。

たま~に、富さん(富子が正式らしいけど、お墓は富になってる)を思い出し
同郷の女として、ちょっと見習って落ち武者にやさしく尽くすか、と覚醒するのも
熟年離婚回避の 夫婦円満のコツかも。
いや彼女の100分の1にも及びませんけどね。

晴れ渡る冬の空に流れる白い雲。
並んだお墓の前からは、富さんが暮らしたころとほぼ同じ風景が見えます。
愛妻家だった半平太と、寄り添い尽くした富さん、
雲や緑を一緒にのんびり眺めているのかなぁ・・・。

なお、同行したスゥちゃん、日向ぼっこしてた猫や庭の池など
きれいな画像でたくさん写真撮ってくれましたが、アップできん・・・
もしや、スゥちゃんでブログ書いたら、できるのかなぁ・・・( ノД`)

まだまだ宿題は山積みです。
それに、このお出かけの集合時にも、スゥちゃん絡みで揉めました。
その件については、後日ご報告いたしますです。

ではでは。   かしこ




旧友の憂鬱

本日の愚痴 いえテーマは。

なんで山姥世代の妻を持つ夫たちは、問題ありなのか、ってこと。
中学校からの友人と、先日ランチとおしゃべり(で、喉が渇いて)
引き続きお茶とおしゃべりを楽しみました。ついでにお寺の紅葉も。

ランチ~ドライブ~お茶~の間も話が途切れない。
夫ネタで。
彼女んちは、大工の棟梁さんで、息子二人も父と共に働いてる。
けっこうな高収入家庭なので、(ダブルインカムどころか4人が働いてる!)
余裕のよっちゃんか、と思いきや。
旦那さんが太っ腹。
で、絵にかいたような亭主関白・雷親父。

定年はないものの、体力の低下を薄々悟っているのか
70歳でやめる、と宣言している旦那さん。
それはいいんだけど・・・と、彼女の顔が曇る。

自他ともに認める料理上手で(だだし一昔前の男の料理・後片付けなし)
次はぼちぼち小さな居酒屋でも始めて腕を振るいたい、との給う。

老後の資金つぎ込んで?
いや問題はそこじゃない。(そこもまぁ問題だけどね)

この短気な人が、客商売できるわけない。
そこそこ和やかに世渡りしてると思ってるのは、本人だけ。
棟梁として立ててくれる馴染みの職人さんや取引先の若い人が合わせてくれてる。
家庭では、親父より大人になった息子たちやアタシが忖度してるだけ。
親戚づきあいだって、弟夫婦、妹夫婦が気を使ってるもの。
お山の大将だってこと、本人だけが気付いてないのよねぇ。


居酒屋でも・・・と言い出すたびに、家族で何気に聞き流す。
右から左へ~♪ (あ、古いギャグで失礼しました)

お客様とトラブルでも起こした日には、後始末に奔走するのはアタシ。
長いこと真面目に働いた末の夢だとは重々わかるけど
アタシだって、静かな老後を楽しみに働いているんだもん。
ちょっとだけ(悪いな)と思いながら、聞き流してしのいでる。


取引先とちょっとだけもめた時も、息子たちも引き連れて今契約してる会社から
明日にでも引き上げる、と言い出して、彼女はハラハラしたらしい。
もうアラフォーの息子たちにも、考えもあるだろうに、と母としての怒りもあり
でも口に出すと大荒れが目に見えてるので、ぐっと堪え・・・。

どの家も外からわからぬトラブルや悩みが大なり小なりあるものだけど
ちょっとだけ、夫が気を付けたら、それは半減しそうに思える。

ま、彼女の悩みは夫だけでなく
離婚して養育費を払い続ける次男と、その次男の様子をつぶさにみて
結婚なんてまっぴら、と開き直って趣味に生きる長男にもある。
「アタシはいつまで息子のパンツ洗ってお弁当つくるのかなぁ・・・」
というのが、いつもの彼女の結びの言葉なのでした。
また、性格的にポーンと突き放すことのできない真面目な昭和女ときてるから
せいぜいランチとおしゃべりとプチお出かけでストレス解消のお手伝いをするしか
山姥にはできないのよね。

ま、落ち武者も落ち武者だけど、パンツは一人分だし、お弁当はいらないし
よしとしようか、と自分を励ましたりもしておりますです、はい。


  ではでは。   かしこ

スゥちゃんの新機能♪


なお、親切にも「なんでも訊いてください」というけど
忙しいむこ殿には、あまり質問はしない。
アメリカのドラマじゃ、姑問題は主に妻の母だもんね。
その轍は踏みたくない。・



前回、こんな風に申しましたけど・・・
コメントで、いいこと教えてもらったので、その舌の根も乾かないうちに
頼みのむこ殿に、ラインで質問。
以下、ラインのやりとり。

おはようございます!
急ぎの用じゃないですけど・・・
ブログ友さんからの情報で、彼女はiPodtouchですが、
ホームボタンの保護のために、隠れホームボタンを画面上に設定してるそうです。
私のには、出来ないかなぁ?


もちろんできますよ。
ある程度は、その方みたいに仮想のホームボタンを作って再現することは可能です。
ただ、ママのはiphone7でホームボタンが昔の物理ボタンから感圧式ボタンに変更になっています。
昔のボタンは物理的に壊れてしまうこともたまにあったので、その方法をとっているのだと思います。
感圧式はボタンが昔みたいに利かなくなったり壊れやすいということは少なくなりました。
なのであまり仮想ホームボタンを作るメリットが無いように感じます。
(その他の理由でなら作ってみてもいいかと。かぐやちゃんも、そこを押すとサイレントになる仮想ボタンをTopに表示させています。)
もし仮想ボタン作ってみるなら設定で簡単にできるので、お伝えしますよ。


ありがとう。
あんまり必要なさそうですねぇ・・・
でも、ちょっとやってみたい気持ちもあります。
むこちゃんが暇なときにでも。
いつでもいいです。


すると、あっという間に返信が入り・・・

具体的には
設定→一般→アクセシビリティ
その中の
AssisitiveTouchを選んで・・・


と、懇切丁寧な説明が延々と続き、

この辺もわかりやすいかな。

と、参考になるどっかのサイトを張り付けてくれてました。

腹が減っては戦がなんとやら、で。
まずお昼ご飯をすませてとりかかってみると、あらま。
なんということでしょう!
数分もかからずに、無事に画面上に仮想ホームボタン出現!ヽ(≧∀≦)ノ

お礼の言葉に添えて、この前大阪で撮りためてきたにゃんこの画像を
感謝のしるしにラインで送ると
にゃんこがトイレで頑張り、何食わぬ顔で立ち去る動画を
間髪入れずに送り返してくるむこ殿。
(夫婦してかなりの猫親バカなのです)
しばらくやりとりして、楽しみました。
(ある意味、相当うっとうしい義母。 ごめんよ、むこ殿。)(ノ_<)


画面に丸い隠れボタンが新しく搭載されたスゥちゃんは
とっても使いやすくなって、一段と賢いいい子になりました。
もとのホームボタンは、起動させるときに押すだけ。
あとは、画面のボタンなので、そっと触れるだけ。
まったく力がいりません。
これ、ほんと助かります。

*未スマホの方へ
  メールや計算機や写真やらで使うたびに、いったんホームボタンでその前使ってた機能を
  オフにしてから、新しい機能を画面で探して(ここは指でトンと触れて)始めるので
  使ってる間はホームボタンをめっちゃ押さなくてはいけないのです。
  ちゃんと押すコツがあるのか? 山姥は何度も押し直すことが多かったです。

こうして、文明の進化に毒されて
体がゆるやかに鈍っていくんだなぁ、という危惧はありますけど
らくちんなので、使うのやめる気はありませ~~ん。

現在スマホをお使いの方で、仮想ホームボタンを作ってない方へ。
ぜひぜひお試しを、と、僭越ながら超初心者山姥がおすすめいたします。


   ではでは。    かしこ








スマホのスゥちゃんとつきあう#7


もう11月も終わりますねぇ。
スゥちゃんシリーズも7回目となり、そろそろ終盤か。
と、思いきや、まだまだ何だかんだとネタは尽きない。

大好きな三太郎CMでは、相変わらずアイフォン・テン推してるけど
(パソコンでの起動ボタン)ホームボタンを無くした意味、わからん・・・
画面がすっきりするから?
ホームボタンって、そんなにダサい?
山姥は使い慣れてきて、ホームボタン様々なんだけどねぇ。

今回は、一か月付き合った経過報告をば。

スゥちゃんを手に取り、まずは中央下にある
見紛うすべもない、唯一の丸いボタン・ホームボタンを押す。
スタート時にむこ殿が指紋認証とやらをしてくれたのだけど
それが読み取りにくいときは、再度押すか、
四桁の暗証番号を押す画面に代わるので、番号を押す。

画面に30個の、ネットや電話やラインやメールや時計や何やらの
入り口となるもの(なんて呼ぶかは知らない)が並ぶ。
恐ろしいことに、そのうち二つには、親切なむこ殿が
「あんまり使わんの、グループごとに纏めて入れときます」と
それぞれに8個、6個のモノが小さく並んでる。
(一生使わん予感が、いや確信がある山姥なのだった・・・)

今のところ、よく使ってるのは

電話・・・・・やっと、かけ間違いなく正確に通じるようになった!
       かかってきても、時間をかけずに受けられるようにもなった!
メール・・・・主にガラケー使用の友人相手。
       妹なんて、スマホなのにラインしないので、まだここ。
       6歳も下なのに、堪能な娘達が家にいるのに・・・早くしてよ。
ライン・・・・写真も送るの簡単だし、画面が明るくて見やすいので
       これこそ熟年~老年の希望の星では。
       メールと同じように使うもので、違和感なくなじめました。
時計・・・・ 時間はいつも画面の上に表示されてるので
       専ら目覚まし時計として使ってる。
       週一の生協共同購買の時間は、曜日指定で入れてるので
       とても便利。以前はうっかり忘れて・・・があったもので。
計算機・・・これが大活躍。 いえガラケーでもめっちゃ使ってたけど
       画面いっぱいに普通の計算機並みに大きく表示されるので
       とても使いやすいです。
       いきつけのスーパーで毎週月曜日に
       1000円以上お買い上げで卵激安サービスがあり
       必要なものを1000円ちょい越えで買うのが主婦の腕。
       スゥちゃんのお供は欠かせません。
カメラ・・・・・昔々、フィルムを入れて撮ってた頃と比べると
       (デジカメになった時も思ったけど)撮り放題の贅沢さ。
       いい時代になったな、と実感するアイテムです。
       動画もあるけど・・・今のところ手つかずの領域です。
写真・・・・・カメラで撮ったのが自動的に保存されてます。
       ラインやメールや何かで送るのに、一目瞭然で選べるので
       その点もとても便利です。
サファリ・・・インターネットへの入り口で、これはむこ殿が選んで設定。
       PC同様に検索します。
       明後日遊びに行く隣県の庭園近くの安い駐車場を探してみたら
       置き放題300円から700円まで、色々ある・・・
       この場合は、画面の小ささが悲しい・・・地図わかりにくい。
       ま、いいか、PCで調べ直そっ ←おいっ
       
たまに使うのは

グーグルマップ
天気
カレンダー

あとは、絵の下の説明(リマインダー・デジラアプリ・クリップスとか)では
何にどう使うのかわからないもの多し。
ま、そっとしとこ。

と、こんな風にスゥちゃんと徐々に親しくなっている現在です。


なお、親切にも「なんでも訊いてください」というけど
忙しいむこ殿には、あまり質問はしない。
アメリカのドラマじゃ、姑問題は主に妻の母だもんね。
その轍は踏みたくない。
で、思いのほか頼りになるのが、娘だった。
そこまでシャープな子じゃなかったけど、役に立つわ。
この前大阪に行ったとき、困ったときの手ほどきを受けた。

スゥちゃんの右側面のスイッチ(これは電源をすぐ切りたい時使う)を
押しながら、ホームボタンを押すと、なんと現時点の画面が撮れる。

これね、(とっくに世に知られてるだろうけど・笑)すごく便利。
自動的に写真保存されるので、これをそのままラインで送る。
で、質問をするので、簡単に解決法が返ってくる。

真っ暗に反転して、白抜きの字になったツイッター画面。( ノД`)
慌てて送って訊くと
「夜間モードになってるよ。ここを押して、次ここ押して・・・」
(と、かぐやの画面に丸印をつけたのを次々送ってきて)
あっという間に問題解決。
いえ、あまり頼らないように、自力で頑張らないと、と反省もしますが
お手軽に訊けるので、取扱説明書無しで、なんとかなってます。
              (↑しつこいようですが、無し、とはねぇ)

    
以上、(長すぎる)一か月経過報告でございました。


   ではでは。   かしこ


追・画面に字や丸や線を書き込む方法も、前々回習ったんだけど
  必要がないから、すっぽり忘れちゃったのよね。
  また、ぼちぼち勉強しなくては。    

スマホのスゥちゃんとつきあう#6

ガラケー愛用者さんから、ライン・ツイッターもわかりません、とコメントいただきました。
はいはい、山姥とて、ほんの一か月前まではご同様でございました。
で、おぼつかなくも使ってみて、便利だったところをお知らせしますね。

ラインは・・・
ガラケーのメールとほぼ同じだと思います。
違っているのは
*完全に無料 ←ここ、重要ね、エコ主婦には。
*個別に連絡の履歴が残っている
という点。 ってか現時点ではそこまでしか理解してない山姥です。(。-_-。)

個別に履歴が残っているところが、とても便利です。
うっかり者の山姥は、約束した日時があやふやになりがちで
以前は有象無象のメール受信の中から、友人の名前をより分け、
時間をかけて確かめていました。
これだって、電話だけの時代から見ると、便利になったんだけどね。
以前は電話片手にすぐカレンダーに書き込んでたわ。

じつは娘が12月に友人との約束のついでに(笑)
一晩だけ実家に泊まる、と半月ほど前にラインで知らせてきてました。
あれ? 21日だったっけ、22日だったかな?と不安になり
かぐやのラインを開いて、ざっと月半ばの日付のあたりを読む。

かぐやのラインは、スタートの初ライン(なぜか黒いウンコの画像!)を皮切りに
山姥の返事、さらにかぐやの・・・と、二人のやりとりだけが続くのです。

ほかの友人のラインでも、彼女と山姥のやりとりだけが続いているので
約束の日時も、見つけやすくて助かります。

ちょっとしたことだけど、何だか時間の節約になるようで、嬉しいです。
(ってどんだけ忘れて見直してたんだ、って話だけど)

なお、スマホを使ってない友人とは、これまで通りメールでのやりとりが出来ます。

ちなみに、記事を書く前に念のため、検索してみました。
そもそも、ラインって何?って。
こんなサイトがありました。

ラインとは。何のことー初心者向けにわかりやすく解説

LINE(ライン)とは

皆さんラインってご存知ですか?使ったことが無い人でもおそらく名前は聞いたことがあるのではないかと思います。「ライン教えて!」とか「あとでラインするね!」などと友人や同僚などから言われた経験ありませんか?

ラインは携帯のアプリケーションの1つで、ダウンロードすることによって、ラインを持っている人同士でのメッセージのやり取りが可能になる、非常に便利なアプリです。

ラインの登録者数
ラインの登録者数は日本国内で6800万人いるとされています。日本の人口は約1億2000万人ですので、なんと日本人の二人に一人以上がラインを使っているということになりますね。

ラインの使える端末は?
iPhoneやandroidのスマートフォンはもちろん、タブレットからガラケーまで殆どの携帯電話で使用できることがラインの人気の理由の一つでもあります。

ラインで何が出来るの?

ラインで出来ることはメッセージのやり取りだけではありません。メッセージの他にも写真や動画のやりとり、そして通話など便利な機能がたくさん備わっているのです。特に通話は通話にパケット通信を使うので、パケット使い放題(定額)のプランに登録している方でしたら無料で通話することも可能です。また、メッセージのやりとりはメールとは違いよりスピーディで直感的にすることが出来ます。




ええ~~~っ? (*゚Q゚*)

殆どの携帯電話で使用できるですと???
殆どの携帯電話で・・・ガラケーでも・・・ラインって使えるの???
ガラケーで使ってる人、聞いたことない。いるのか?そうなのか?
いやはや、世の中知らないことだらけです。
このへん、もはや手に負えません。
深く追及するのは、やめませう・・・わけわからん・・・(T_T)

でもでも。
転んでもただで起きないのが、昭和のおばちゃん。
暇にまかせ、この続きをスクロールしていって
詐欺に使われるラインのなりすましを防止する方法
とやらをみつけ、さっそくスゥちゃんに施しました。( ^ω^ )
お友達になりすまし、借金の申し込み、それも
手の込んだ(プリペイドカードを買ってくれ、なんて)方法らしい。
ま、山姥の友人の借金、ましてやプリペイドカード云々は絶対無いし
もしや詐欺ラインが入っても、一発でわかる自信はありますけれども・・・。

 ではでは。   かしこ


スマホのスゥちゃんとつきあう#5



スゥちゃんをウチの子にしてから、ほぼ一か月近く。
充電をうっかり忘れそうになったり、薄いのでバッグの底に紛れ
すわ、忘れてきたか、と焦ったり(←携帯を携帯しない世代・・・)

でもね。
何とか慣れてきました。
写真をとったり、それをラインで送ったりツイッターに載せたりも、楽しい。
あ、すいません、なんか超ややこしそうで、ここにはまだ無理。
カメラをうっかり反転させて、いきなり汚い婆ちゃんドアップの画面になり
うわwww!誰これ?え、山姥? と現実を噛み締めたのも何度かあり。
あのね、自分で見たい顔を映してるのが鏡の顔だっての、ホントね。
スマホのカメラの角度もあるんだろうけど、見たくない顔そのままだもん。
いつもの鏡の顔とのギャップに、ちょっぴり傷付いた山姥でした。( ノД`)

電話、ライン、メール(ここまでは無料)
メッセージ(ガラケーのCメール)は受信無料・発信有料なので
うかうかとメッセージで連絡してくる友人には電話で返答。
メルアド交換もしてるんだけど、めんどくさくてCメールって友が一名。

この友人と、昨日はランチ(と当然おしゃべり)をしました。
長男のとこに孫が生まれ、二度目の面会の途中によってくれて。
で、スマホ談議に。

彼女の夫が最近スマホにかえたけと、日々イライラしてて、鬱陶しいって。
彼女は様子見で、まだガラケー。
すすめられるままに求めたスマホが、えらい分厚いらしい。
彼女まで、業者の口車にのってタブレットを買わされて。
「あんまり要らんかったわ・・・」
そう、ろくにPCも触らないタイプなのに、もったいないことしたね。
ちなみに、スマホ・タブレットともに、怖くて値段は訊かなかったわ。
タブレットも最近超お安いのが発売されたって、大阪のむこ殿から聞いたけど。
近所に詳しい次男が住んでるのに、相談しなきゃ。
え、夫が見栄張って相談しない? 
やれやれ、男って・・・ 息子に見栄張ってどうすんだよ?

お金がない、ない、って言ってる割に何かと太っ腹な夫婦。
いやそれだから、お金がないのかな?

店内で売りつけられたスマホカバーもめちゃ高価で使い辛いらしい。

「山姥ちゃんの、いいねぇ」
「ふふん、これは大阪のファンシーショップみたいなとこで
300円で買ったんだよ。」
と、安物買いを自慢するのは
大阪のおばちゃんテイストに染まってきた証拠かな?
「そんな形の、ウチノヒトほしかったみたいやけど・・・無かったねぇ」

うちも田舎ですが、彼女んちはさらに田舎なのです。
もよりの町も、うちより田舎。
昭和の夫婦は、ショップのいいカモになったんでは。
で、山姥の好きな浦ちゃんや金ちゃんのギャラのお手伝いをした?(笑)

閑話休題。
で、現在のスゥちゃんとのおつきあいですが。
落ち武者がねぇ。
うるさいのよねぇ。
機嫌よくないのよねぇ。
曰く
「若い子みたいにのべつ幕なし触るんじゃない、みっともない」

たどたどしく触れてた一か月前は、馬鹿にしてたよね。
で、ちょっと慣れてスイスイ(とまではいかんか)触れば、これか!
ったく。
器量が狭いにもほどがあるわね。
息子に見栄張る友人の旦那さんと、いい勝負だわ。
しょせん、男。
まぁこんなもんか、と笑ってほっとこ。

スゥちゃんとのふれあいは、奴のいない時にしようっと。
なに、目を盗んでいくらでもチャンスはある。
と、プチ浮気妻の心境の山姥でございます。(ノ∇≦*)


   ではでは。   かしこ



かぐやったら!!!


いえね、ウチで18歳まで育てた責任は、あると思ってます。
この母を見て育ったからね、そんなもんか、と見過ごす点も多いです。
それにしても、4日間一緒に過ごし、帰ってきたとたん心配かけるなんて!
もうっ、かぐやったら!(*`ェ´*)

昨夜、メールが入りました。
とある顔合わせしたことのない女性で、とある事情から
「娘さんとお話をしたい」と頼まれたので
かぐやと連絡を取って、一週間前に日時を決めて約束をしました。
それが、昨夜の8時でした。

その方から
「何度もかけるけど電話が通じない」と。
え?
お話することに関しては、かぐやも対応する気満々で
一週間前には、がんばる!ってラインしてきてたのに???
夜型なので、わざわざ仕事終わりのまったりできる時間を指定し
その時間には、こちらも
「今頃だな・・・失礼のない受け答え出来てるかな?」と思ってたのに。

電話したら・・・出ない。
ラインしても・・・出ない。
メールしても・・・反応なし。(*゚Q゚*)

どうした、かぐや?
仕事はとっくに終わってる時間なのに。
お約束忘れて友達と会ってる?
(母譲りで? おおいにあり得る・・・)
それにしても、こんなに長い時間スマホを見ないのも不自然。
(山姥ならありだけど、イマドキの子はね、手の延長みたいなものだし)

この冬いちばんの冷気が、部屋にも心にも沁みてくる・・・
まさか、まさか、犯罪に巻き込まれたとか?
人妻ったって、身なりは若い子とおんなじだもんね、
もしかして???  (;д;)

そばで落ち武者は
「若い子みたいに、いつまでもスマホで遊ばんで、はよ寝ろ」
と、また余計なこといってる。
それどころじゃないの!
かぐやが行方不明なの!(←山姥は妄想が得意)

そうだ!
シフトがずれっぱなしとはいえ、むこ殿がいるわ!
仕事中かもしれないけど、今夜のかぐやの動向ぐらいは
つかんでいるかもね。
めったに連絡とることはないけど、こんな時だもん。

むこ殿からのラインの最後は、先月末のもの。
「スマホの調子はどうですか?
わからんこと、なんでも言ってきてくださいね。」

優しいのよね、お言葉に甘えていろいろ訊いたけど
(エコなおばちゃんは、主に料金関係が多い・笑)
それに続けて
「かぐやと電話も何も通じません。どこにいるのか知」と打ったところで
かぐやからの泡食った電話が入った!!!

仕事場でマナーモードにして、忘れてたんだと。
で、寝る前に充電しようとスマホをバッグから出したら
「めちゃ着信があったけど、何かあった?」と焦ってる。

子離れを心掛け始めてから、不要不急の電話はしないから
深夜に及ぶ幾多の着信に、びっくり仰天したようです。

「何かあったって、アンタが行方不明になったんだよ!
もしかして・・・今晩の約束、忘れてた?」


「あwww!
ゴメン・・・どうしよ・・・」
と声のトーンが、がくりと落ちる。

翌朝(ってのは今頃)、直に新しくアポイントを受けなおす、ってんで
あちらさんには迷惑かけたけど、一件落着。

行方不明になってなくて、よかったわ。\(^o^)/

あ、いやそこじゃない。
すっぽり抜けてたかぐやも問題だけど
その娘の性格を熟知しながら、念押ししなかった山姥の
これは重大な手落ちだわ。

前日まで大阪にいたんだから、ひとこと
「23日、忘れないでよ」と、言っとくべきだった、と反省。

あ、いや問題は、ここか?
ついつい、余計に気も手もかける毒母が
かぐやの成長を妨げてるのか?

遅く帰ったむこ殿に
「聞いて聞いて。あのさぁ、うっかりしててね、アハハッ」などと
この件を笑い飛ばしている場面まで目に浮かび
落ち武者にも愚痴れず
便利になった(すぐ連絡がとれる)ことも、現代の弊害かな、と
溜息一つ、の山姥でございました。


   ではでは。    かしこ






スマホのスゥちゃんと付き合う#4

たいそう時間はかかりそうですが、
スゥちゃんを駆使して記事を書きます!

だってさぁ、、、
昨日からかぐや夫婦んちに来てるんだけどさぁ、、、
でもって、むこ殿にチマチマと
スゥちゃんの育て方を訊いてるけどさぁ、

むこ殿の指のタッチの早い事ったら!
やっぱ慣れだわね!
頑張ってスゥちゃんとのスキンシップの時間をとろう。

今日一日は一人なんで、時間はたっぷり。
洗濯済ませてフラフラ遊びに行く前に
短い記事に挑戦することにしました!
(長いのは無理無理無理www)
家だと、ついP Cに流れるから、いい機会。

さて、スゥちゃん絡みでびっくりした事。
まぁ聞いてよ、奥さん⁉️

家じゃド素人の落ち武者から
散々馬鹿にされつつ奮闘中。
で。
取り扱い説明書は無いのか?
と訊かれたので、
前のガラケーの(ろくに読まなかった)
みっしり厚かった取り扱い説明書を😜
思い出したのね。
おかしいなぁ、
手続き書類やら何やら一式を広げるも、
取り扱説明書めいたものは、どこにも見当たらない。

で。
昨日、かぐやに会ったとたん、訊いたのよ。
この前忘れていったんじゃないか、と。
その返事に、仰天‼️‼️⁉️

説明書は無いよー
iPhoneは
説明書がいらないほど簡単
が、売りだからねー

なんてこった!😱😱😱


もうね、昭和と平成のギャップに
完全に呆然自失の山姥でございました。
後、1年ちょいで、新しい年号。
ますます時代は進んでいく、、、

取り残される予感、、、

せいぜい、スゥちゃんの助けを借りて
頑張っていきましょ‼️


ではでは。 かしこ




内面を磨こう!

ええ、言い古された言葉ですよね、内面を磨こうって。
なんかこっぱずかしくて、実際に口にすることはない言葉だけど
今回は、声を大にしていいたい!
人は見た目が100%説も認めるけど、やっぱそれは最初の5分だわね。
いくら素敵でも、内面がある程度磨かれてないと、たちまち外面の輝きは曇る。
そんな実例を、こんなに直接的に感じたのは、久しぶりです。

と、外面磨きを放棄してる山姥にいわれてもねぇ・・・
でも、いっちゃいます! ヽ(`ω´*)ノ彡☆


気の合う友人と参加した、市主催のバス旅行。
天気はいいし、相当年配のガイドさんも頓智がきいてるし
なんたって、参加者は全員女性ってのが、気楽でいいわ~♪
ちょいとした下ネタにも遠慮せずにゲラゲラと大声で笑い
バスをおりたら、郷土の恥をまき散らさぬように、そこそこ気取って歩く。
団体旅行は久しぶりだけど、以前より緊張しないし、らくちんだわ。
あれ・・・たんに年を重ねておばちゃん度がアップしてるだけ? 汗っ

さて。
オリーブの大木や若木取り混ぜて植えられた見晴らしのいい丘で
ちょいと休憩したときでした。
休憩、ってより、おばちゃんたちのお土産仕入れ時間、ってとこか。
同行の友人も、
「どこにでもある菓子折りより、オリーブドレッシングがいいわぁ」
あれこれ選んで思いのほかたくさん買い込んでます。
ちゃっちゃと済ませた山姥よりも、ずっと後に並んでレジ待ち。
外でオリーブの鉢植えの値段を確かめてると、ようやっと出てきて、
あれ? なんか不機嫌。
で、わけを訊くと・・・

彼女の後ろに並んだ同年輩の女性(すなわちおばちゃん)が、
「あ~っ、待っていられない、すんだら持ってきて!」と言い放ち
支払いをしていた彼女の肩越しに数枚の札を投げ出し
何品かの買い物の品を彼女を押しのけてカウンターにドサリと置き
軽食を供するための窓際の席に、どん!と座ってしまったとか。

窓際の長めのいい席でゆっくりお茶していた紳士たちは、びっくり。
繊細な友人は、彼女が同じバスで来たと気付き(すなわち同郷)
同じ穴のむじなとひとくくりに見られたら恥ずかしい、とハラハラ。

ドア越しに振り向く彼女に
「ほら、お茶の注文もする気がないのに、まだ座ってる」
促されて、チラ見すると・・・
きれいな明るい色のコート、おしゃれな髪形、かっこよく組んだ足。
あらら、この方、朝の集合場所でみて、ひそかに
(今日の参加者の中では、だんとつ上品なオクサマだわぁ)と採点した方だわ。

外見は素敵にお年を重ねているのに、非常に残念!

「お勘定終わったら、品物持ってきて、なんてよく言えるね,初めての店で」
「レジには二人しかいないし、団体客続いて入ってきたし、大変なのに」
「高級なお店じゃ、商品を捧げ持ってドアまで見送ってくれるから
そういうのに慣れてるのよ、って言いたいのかなぁ? TPO考えてよね」

「本当に上品な人は、混んでたら買うのやめたりするんじゃない?」
「アタシは並んで待つ下品なタイプ、あははっ」
「言い方がね、まるで見下してて、それがいちばん恥ずかしかったわ」
「何様?宮様?いや宮様たちこそ、そんな言い方しないよねぇ」で。
立場上自分より弱い人に乱暴な口きいたりするのが最下品だ、と
山姥が自分を棚に上げて断定します!

ああいう人、いやだなぁ・・・というのが、私たちの結論でした。
お客様は神様です、ってのは(正しいかどうかは別にして)
お店側が考えることで、お客側はそう思うべきではないよね。
とても素敵なおしゃれな外見の値打ちは、あっという間にぺしゃんこに。
これからの勉強会でよもや隣のお席になろうとも
「自己紹介したり、お付き合いを深めたりは、絶対したくないわ。」
「最初はよくても、グイグイこられて辟易するよ、きっと。」
などと、いらぬ心配をしたことでした。

あちらさんだって、
どっから見ても庶民派代表の私たちには近寄りたくないよね。(ノ∇≦*)

お若いころからこういう似非お金持ち風のタイプなのか?
おばちゃん化が進んだ末の第5形態なのか?(シンゴジラかっ!)
どちらにしろ、お互いおばちゃん化は逃れようもないけど
その方向性だけは、自分で舵取りしていこうね、と
おだやかな小春日和のそよ風に吹かれつつ、
誓い合った午後でございました。


   ではでは。   かしこ










スマホのスゥちゃんとつきあう#3

寒いながらも、抜けるような青空。
そんな一日、姫路市まで遠出をしました。
4月から参加している生活学級の希望者40名で、校外学習。
なに、バスに乗って海を渡り、季節柄紅葉狩りを楽しんだだけですが。

生活学級っていっても、月一で
東国原さんや女流落語家などのお話をきいたり
ちょっとだけ体を動かして老化予防の指導を受けたり
あ、12月は手仕事で、「勾玉作り」だって!
欠席も自由で、気ままな暇つぶしになるので、参加してますが
市主催の生涯学習の一環で、なかなかににぎわってる集まりです。

行動派の町内の友人と、一番前の席に陣取って
晴れがましくもスゥちゃんを手に、瀬戸大橋あたりから激写スタート!
家だと、こぼれて咲く小菊とかしか、被写体がないし
この旅行はいい練習の機会だと、待っていました。

なんかなぁ。
そのつもりはなくても、指先の触り具合でめっちゃ連写してる。
不要な画像を消去する手順だけ、やけに手慣れてきましたわ・・・(T_T)


西の比叡・書写山園教寺のモミジやイチョウは見頃でしたし
まるで清水の舞台のような構造で、上からの景色も楽しめ
しかも・・・人出が少ない!!!\(^o^)/
ちらほら外国の旅行者も交じってたけど、静かなものです。
ロープウェイやマイクロバスに乗り込むのも、譲り合いもあるし。
お寺の厳かな空気を乱すことはなく、いい感じ~~♪
この点は、近年の観光地では大きなポイントになると思います。

近くのテーマパーク・太陽園(ぜ~んぜん知らなかった、、、)での
ゆったりとしたランチも、団体なのに揚げたての天ぷらも供され
おばちゃんたちは大喜び。
何より、ついでに立ち寄った牛窓の瀬戸内海の景色ったら!
ここは対岸の小豆島と並んで、オリーブ栽培がされているので
眺めは日本のエーゲ海と呼ばれたりしてます。
オリーブの大木も、あちこちで実をつけた枝を揺らしていて
波荒い太平洋とは違った魅力に、うっとり・・・。

でも。
画像は画像ですね。 直に目にするのとは違うわ・・・
いくらスゥちゃんが優秀な子とはいえ
(腕はおいといて、と。いや、それが一番のネック?)
とろりとした瀬戸の海の水平線、紺色にそまった熟れたオリーブの艶、
目に飛び込んでくる燃えるようなモミジの紅や、イチョウの黄色は
バックの杉の緑に映えるかと思いきや、なかなかその美しさは伝わらない。

かぐやに
「思ったように撮れなかったけど、練習でおくるわ」とラインすると
「めっちゃ綺麗やん!」と返ってきたので、ほほがゆるむ。
何歳になっても、ほめられると嬉しいのね。
ええ、わたくし、ほめられて伸びるタイプ!(*≧∪≦)

かぐやんちと自宅用に、ニンニクと唐辛子を効かせたオリーブオイルを買い込み
(フランスパンに浸したり、パスタにも美味しいはず。落ち武者は・・・無理かな)
おしゃべりと眼福でストレス発散した、素敵な一日となりました。

そのうち、スゥちゃんからの画像もここにアップできればいいなぁ。
どうもね、言葉だけでは伝わらないのが、もどかしくもある。
週末に大阪へいったら、(ええ、また行くんですよ、遊び歩く悪妻です)
むこ殿の指導を受けてまいりますね。
今後にご期待を。

なお。
楽しかった一日に、ぽっちりと墨汁を落としたような出来事もありました。(゚д゚)
おばちゃんて、やだなぁ・・・と友人とお互いを戒めあったのでした。
その件は、次回にて。


  ではでは。   かしこ




スマホのスゥちゃんとつきあう・番外編


古くからの友人は、今季羽生選手の怪我で楽しみが減った、と嘆いてます。
同じくお嘆きの女性は多いことかと、ご同情いたします。

が。それよりも。
山姥は、横綱の休場で、がっかり。
昨年の大相撲観戦以来、お相撲に興味が湧いてきてるのよ。
初めてテレビが家に出現したころは、チャンネルは少ないし
家族も見るので、小学生にして、欠かさずお相撲見てたっけ。
その頃のわくわくドキドキを思い出して、見ています。

モンゴル会でのビール瓶殴打事件で、致し方ないとはいえ
先場所、頑張ってくれたのに・・・
優勝までしたのに、と、残念です。

そのニュースをみていると、刻々と詳しいことが報じられ
そこまでほじくり返さなくても、って話が出てくる。ま、仕方ないけど。
じっさいのところは当人にしかわかりませんが、推察するに
つけつけと世代交代を言い立てられて、じっと我慢してたところへ
場を考えずに携帯電話を操作されたのが、ラクダの最後の藁の一本に?

若い人には、違和感ないんでしょうね。
でも、まるっと昭和女の山姥には、横綱の気持ち、すっごくわかるわぁ。

かなり前の、実家の茶の間を思い出しました。
お正月に、お祖母ちゃんを囲んで和気あいあいとよもやま話。
携帯電話とやらがまだ珍しかった頃、高校生の姪が
並んで座っていながら、やおら携帯を手にして、いじり出したの。
はっきり言って、イラッとしましたね。
みんなでお話してるのに、何、それ?
かぐやを除いて、みんな年かさの親戚なのに、礼儀は?
あとで、同席の妹も、同じように感じてたようです。

そういえば・・・。
数年前にも、かぐやが友人の結婚式の二次会の幹事をしたとき
夫側の友人が、盛り上がってるテーブルの隅で、一人うつむいてる。
心配して近づくと、携帯でゲームしてた、って怒ってたわ。
ま、年下の夫側の同級生で、はたちそこそこの男の子だったから
かぐやはお姉さんぶって注意もしなかったらしいけど。

目の前にいる人を、はっきりと視界と思考から消して平気。
本人は決してそこまで考えてないでしょうが、そんな風に見えるのね。
昭和生まれの山姥だから、からでしょうけど。

スゥちゃんも、だいぶ手に馴染んできて、愛おしい。
つい、テレビみながらでも、手すさびに触れたりしてる。
こういうの、気を付けないとな~、と反省したことでした。
目の前の落ち武者は、ひょっとしてイライラしてる?
あるいは呆れてる?
はたまた拗ねてる?  ←まさかそれは無いよね? いやあるか?

よくは知らないけど温厚そうにみえた横綱が、カッとなったように
落ち武者の限界がきて、カッとならないようにしないとね。
スゥちゃんはほっといてもいい子で待っててくれるもんね。


  ではでは。   かしこ






スマホのスゥちゃんとつきあう#2


スゥちゃんがうちの子になってから、便利になったところ。(*´v`)

調べ物をしたいとき、落ち武者がPCの前に陣取ってたら
「空いたら教えて」と声をかけて、待ってたんだけど
それがない、ってのがいいね。
今夜も、簡単な茶碗蒸しで食卓の寂しさをごまかそうと準備し
あ、蒸し時間て、どれくらいだったっけ? と、さっとスゥちゃんで調べる。
(たまにしか作らないので、すぐアヤフヤになるのよ)
それに、おなじみのブログを出先の空いた時間に読めるのもいい。
ガラケーでも出来たのだろうけど、画面がきれいなのに惹かれて
スゥちゃんで、初めて試してみたのだった。

で、思いのほか、便利にならなかったところ。(T_T)

ブログ記事もスマホから書けると聞いてたんだけど
これはいっぺんで懲り懲りでした。
何分、文字を打つスピードが、PCの十倍、いやもっとかかるわ!
じつは、ちょっとここのを書いてて、ふっと気を抜いたら、消えた!
ポキリ、と心が折れました・・・。
ま、いいけどね、何しろ文字を打つのに気を取られ、書いてる途中で
書きたかったことを忘れる、という状態だったもの。

どこかを触って消えるってのは、PCでもたまにある。
どうやら、落ち武者愛用のマウスに、左右のみならず
横っちょにも何やら押すところがついてて、これをうっかり触ってるのよね。
でも、PCでの打ち直しはそれほど苦にならず、それどころか
最初よりも短くまとまって、読みやすい記事になるというメリットもある。
                      ↑当社比
ま、出先で必死で書くほど伝えたい記事なんてないし、
スゥちゃんの業務を増やすこともないか。


そんな折、ネットで、超有名ユーチューバー氏の動画を見ました。
長蛇の列ができた、新しいスマホ・アイフォンXの話。
正確には、X(テン)から8(エイト)に戻った話。

彼の場合は、山姥みたいなミス・当惑などは無縁ながら
便利になりすぎたXより、8が使いやすいとのこと。
まず、顔認証が役に立たない。
外出時は帽子、メガネ、マスクを着けてるので、反応してくれない。
それどころか、メガネなしのむくんだ寝起きの顔にも、反応なし。
(寝起き顔再現する捨て身の動画に大笑いしました。さすが人気者!)
パスワードを打ち込めばいいけど、指紋認証よりも(ほんの一秒ながら)
余計な時間がかかる。 一年間トータルすれば、それももったいない、とのこと。
少しだけ大きいサイズになったのも、片手の操作が難しく、使い辛いとか。
僕の場合はですよ、(と念を押しながら)
Xはいらない。
もとのアイフォン8に戻しました、という報告でした。

売り出し直後から、ホームボタンがないのが不便との声があり
何万円もの別売りの付属品を出した、というのを聞き
それ、意味ないやん~ とうちでは大笑いしたことでした。
ホームボタンのないところがよくて、買ったんじゃないの?

山姥は、マスクも息苦しくてほとんど使わないし
片手の操作はそもそもしないし
だけど、10周年記念だか何だか、やたらと高いXは興味なし。
むこ殿がレベルを考えて選んでくれたスゥちゃん(7)で充分です。
末永く付き合っていくことにいたしましょう。

 

    ではでは。   かしこ






プロフィール

山姥

Author:山姥
田舎暮しのただのおばちゃん。
夫1人あり。
落ち武者のごとき風貌に
寄り添う妻は山姥か、と
ブログタイトルを決めました。
たまに嫁いだ娘かぐやも登場。
野豚はかぐやの妹分のワンコ♪


読書大好き、
ゆったりまったり大好きの
主婦業に飽き飽きの怠け者。
でも、やるときゃやるで~♪

夫との残り少ない貴重な日々を
いかに楽しむか?
(もちろん年金の範囲内で)
これが夫婦の今後の課題です。
よしなに~♪

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。